子宮内膜症


テーマ:

子宮内膜症の特徴として一番多いのは、激しい生理痛です。

 

子宮内膜は、生理周期にあわせてはがれ落ちて、生理として外に出ていきますが、出血は一度に出切ることはなく、3日~7日続きます。

 

子宮内膜症はこれと同じようなことが、子宮の外側や卵巣、卵管などの子宮のまわりで内膜が増えることでおこります。

 

そこでも生理と同じように出血がおこってしまいます。

 

ですが、出血しても出口がないので、外へ出ていくことができず、体の中に血液がたまり、周りの組織とくっついてしまったり、硬い固まりのようになって痛みを引き起こします。

 

女性ホルモンの分泌が活発な、20代~40代の女性に多く、閉経後は症状がみられなくなります。

 

子宮内膜症は激しい生理痛以外にも、生理の量が多い、生理期間が長い、性交時や排便時の痛みなどがあげられます。

 

西洋医学の治療では、低用量ピルなどを使って、排卵をコントロールして内膜が増えるのを抑えたり、痛み止めを使って痛みをやわらげたりします。

 

子宮内膜症は、不妊症の原因にもなることも多いため、赤ちゃんを望まれる方は、体質の改善をしながら、治療をすすめていく必要があります。

 

漢方では、お一人お一人の体質や、生活習慣などを確認しながら、痛みなどのお悩みを改善することができます。

 

たとえば、

 

・体が疲れやすい
・いつもカラダが冷えている
・ストレスでイライラしやすい

 

なども、子宮内膜症をひどくさせている原因となります。

 

あなたのカラダのお悩みを、一度ご相談くださいませ。

 

ご相談は、こちらからどうぞ。

 

 

 女性のための漢方薬局 琉華(りゅうか)

〒901-0225
沖縄県豊見城市豊崎 1-1074
電話:098-987-0160
FAX:098-987-0161
営業時間:10時~18時
定休日:月曜、祝日、日曜(ただし、第1・第2日曜は営業します

女性のための漢方薬局 琉華(りゅうか)

 
〒901-0225 沖縄県豊見城市豊崎1-1074
098-987-0160
お問い合わせ
FAX:098-987-0161

営業時間:10時〜18時
定休日:月曜、祝日、日曜 (ただし、第1・第2日曜は営業します)
 

沖縄 漢方薬局 豊見城市

 
※お車でお越しの方:店舗前に2台分の駐車場があります
 
アクセスの詳細はこちらです